読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきもも母さんのブログ

小麦と卵アレルギーの息子に作るご飯に、四苦八苦するブログ。

米粉パンをつくりました。

作りたいな~と思いつつも、逃げ腰だった、米粉パンに挑戦しました。
イーストが入って、発酵が必要と見ると、できる気がしないんですよね。
でも、パンは食べさせてあげたいので、重い腰を上げます。

炊飯器を使うパンは何度か作っていたのですが、今回はパウンドケーキ型を使います。
が、パウンドケーキ型が無くて、牛乳パックで代用。。こちらのサイトを参考に。

www.lotte.co.jp

 

そして作り始めましたが、「イーストをお湯で溶かす」というところで、なかなか溶けない事態に。
あまりグルグルかき混ぜない方がいいのかと思いましたが、溶けないので、ぐるぐる。。

けっこう水っぽい生地で、いいのかなぁ?と思いつつ、型に流しいれて発酵。
暖かい居間に置いて、子供と遊んでいたら、ハッと気づいた時には過発酵に。
1.5倍くらいになったら、オーブンを温め始めると書いてあったのに、もう2倍を少し超えているんじゃないかという発酵ぶり。
あわててオーブンを温めて、焼きに入りましたが…。
覗いてみていたら、真ん中がペタッと落ち込んでいる…。

出来上がりはこんな感じになってしまいました。

f:id:yukimomo228:20170220031850j:plain


もっちりです…。
味は、まずくないけど、食感はパンではありませんでした。残念。

細長く切って、フライパンでお砂糖を絡めて、かりんとうのようにして食べました。。

でも、居間に置いておけば、発酵するっていうことがわかったので、またチャレンジしてみたいと思います。レシピはこちらから。次は成功させたい!

lineblog.me

米粉ピザと、米粉パンケーキ作りました。

子供の朝ごはんにと、米粉ピザを作りました。
レシピはクックパッドから。

cookpad.com


いきなり全量4枚分を作るのに、勇気がいったので、半量で作っていたのですが、オリーブオイルを全量分入れてしまいました。がーん。
でも、回収はできないので、そのまま続行です。


水を少しずつ入れて、捏ねていきましたが、なかなか生地がまとまらず、オイルのせいか…と、しょんぼり。
でも、50ccちょうどくらいで、まとまりました。良かった~。


子供が食べやすいように、薄めに生地を伸ばして、ソースは、マヨネーズ、ケチャップ、醤油、にんにくすりおろし、ハーブソルトを混ぜたものにしました。

f:id:yukimomo228:20170220025700j:plain

出来上がりは、縁の方が固くなりカチカチ。具の載っている所は、生の餅っぽいような…。
でも、上に載っている具材の味にごまかされて、わりとピザでした。
敗因は、オリーブオイルの量と、水分ももう少し入れてもよかったかもしれない。
後ろでギャーギャー子供たちが騒いでいて、集中できなかったし。

食べられなくは、ない感じで、子供も少しは食べていたので、またリベンジしたいと思います。

 


あと、米粉のパンケーキも作りました。
ピザを作ったときに、子供が「食べない!」と言い張り(まだ熱いかな~と言ったのが気に入らなかった感じの面倒な2歳児…)
じゃあパンケーキを、と。

books.rakuten.co.jp

しかし、ヨーグルトがプレーンのがなくて、イチゴヨーグルトで作成。
いろいろ入ってるから、うまくできないんじゃないかな~と思いつつも、生地がピンクでかわいい!
レシピ通りの量だと、少し生地が硬かったけど、そのまま焼きました。

f:id:yukimomo228:20170220025853j:plain

イチゴの甘酸っぱい香りと、ピンクの生地が春っぽい~!

味は…。ヨーグルトが甘いかな?と砂糖を少し減らしたら、ヨーグルト+イチゴの酸味で、ちょっと酸っぱさが強い感じに。
あと、いつもの「ふわもち」よりは、ふわっと感がなかった。
やはり、プレーンのがいいかな~。見た目は、すごくかわいいけど。

そしてこちらは、子供の機嫌が悪く、食べられずに冷凍庫へ…。

ホイップクリームを絞って、イチゴソース載せたいなぁ。

 

チャレンジはしているけど、まだまだ修行は続きそうです。

 

米粉のパンケーキを作りました。

子供の朝ごはんに、米粉のパンケーキを作りました。

 

f:id:yukimomo228:20170214132302j:plain 

 

レシピは、以前、図書館から借りてきた、アレルギーの子供のための料理本みたいなやつから。タイトルを忘れてしまいました。

しかし、このレシピでクリスマスに焼いたパンケーキは、膨らまなくて、ペタッとした、煎餅のようなものになってしまったのです。味はおいしいんだけど、「パンケーキ」を期待していた子供は、「固い。おいしくない。」と食べませんでした。。

ですから、今回はリベンジ。レシピをよく読んで、材料を計り間違えないように気を付けて作りました。

しかし。

やはり、ペタッとしたものができてしまいました。

生地がゆるくて、フライパンに流しいれた時に、さらっと広がってしまい、そこからほとんど膨らまない。豆乳を、牛乳に置き換えているのがいけないのか…。直径10センチくらいに焼かないといけないのに、生地が広がってしまって、大きめになってしまったから?

材料は、米粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩、豆乳、なたね油、バニラオイル。

まぁ、普通にパンケーキができそうな材料です。

豆乳の量が多いのかなぁ。これまた再度リベンジが必要になってしまいました。

 

米粉パンのレシピで試したい物もあるのですが、パウンドケーキ型を使うので、まずはそれを買いに行かないといけません。下の子が風邪をずっと引いていて、買い物に一緒に連れていくことができず、このままでは、作りたい欲が、しぼんでしまいそうです。

 

 

米粉ときな粉のクッキーを作りました。

作ったもの

honto.jp

米粉ときな粉のクッキーを作りました。

レシピはまたこちら↑の本から。

基本のアーモンドパウダーのクッキーと比べると、口の中の水分持っていかれる具合が気になります。生地も、まとまりづらかったです。米粉は同じものを使っているので、きな粉が良くなかったのかな?アーモンドパウダーよりは、きな粉の方が、安価で使いやすいんですが。もう少し、しっとりさせるためには、油と、メープルシロップのどちらを増やせばいいのかなぁ。少し配合変えて、再挑戦しようと思います。

あまり作りすぎても、子供が飽きて食べなくなってしまうので、子供のために作っているこちらとしては、本末転倒になってしまうのですが。

 

米粉のパンやお菓子のレシピ本は、多森サクミさんのも、気になっています。

多森サクミに関連する商品一覧 - honto本の通販ストア

 

ホームページに載っている米粉パンは何度か挑戦しているのですが、どうもいまいち。それっぽいのは、できるんだけど、これで正解なの?本当はもっとおいしく、できるんじゃないのかな??っていうレベルで。

できれば、中をパラパラっと立ち読みして、作れそうな感じなのか見てから買いたいんだけど、一番近い本屋さんには置いてなかったんですよね。うーん悩む。

パンが成功すれば、食事の幅がすごく広がると思うのですが。なかなか上手くできないので、挑戦する気が起きないんですよね。「発酵」という字を見ると、出来る気がしないというか…。成功するまで、作り続けるしかないんでしょうが。

メープルシロップって高いよね。。と思う。

買ったもの

今まで白砂糖を普通に使っていた感覚からすると、私の中でメープルシロップは「高い」ものになります。子供がアレルギー持ちで、米粉を使ったお菓子を手作りする必要が無かったら、ほぼ買わないんじゃないかなって感じです。

 

昨日、私が近くのスーパーで買ってきたメープルシロップ

f:id:yukimomo228:20170210102141j:plain

こちら。150グラムで513円です。100gあたり342円。

 

f:id:yukimomo228:20170210102336j:plain

日本で製造されてるのかな。カナダじゃなくても取れるんだ~。

 

アマゾンで見てみると、コストコで売られているらしい、大きなボトルのものがありました。

Amazon CAPTCHA

1326gで2464円です。100gあたり186円くらい?かなりお得ですね。ただ、メープルシロップは開封後は要冷蔵なので、あまり開けてから時間がたつと良くないのかなって気もします。

家族みんなで、メープルシロップをパンケーキにかけて、沢山食べます☆という感じなら、消費量が多いでしょうが、我が家ではパンケーキ登場率が低いし、食べるのは私と2歳半の息子だけ。ほぼ、お菓子作りにのみ、使うと思います。

大体、1回のお菓子作りで使うメープルシロップは大さじ1から2。私のお菓子作りのモチベーションが下がったら、消費されないメープルシロップは冷蔵庫の中で、ずっと冷え続け、場所をとるボトルを見た夫に、「なにこれ?いつまで置いてるの?」とか言われる可能性もあり…。あぁ、後ろ向きな妄想に走ってしまいました。

近くのスーパーで買える、ちょっと高いけど消費できそうな瓶にします。

 

さて。米粉ときな粉のクッキー、リベンジで作ってきます。

米粉のクッキーを作りました。

作ったもの

冷蔵庫にメープルシロップが少しだけ残っていたので、クッキーを作ろうと思い立ちました。レシピは↓の本のもの。

books.rakuten.co.jp

 

ところが。。

米粉、きな粉などの粉類を混ぜてから、液体類を計量したら、メープルシロップが足りない。。

仕方なく、足りない分をハチミツにしてみたのですが、生地がまとまらず、牛乳少し足してみても、サラッサラ…。強引に押し固めて形を作って焼いたのですが、

クッキーではなく、固めた粉、って感じのものができました。

 

いつもなら、ここでガッカリして終了なのですが、冷蔵庫に、これまた少しだけアーモンドパウダーが残っていたので、米粉とアーモンドパウダーのクッキーに挑戦。メープルシロップは、新たに買ってきました。

アーモンドパウダーの量が、レシピの半分しかなかったので、全ての量を半分で作成。

そしたら、きな粉バージョンの失敗作とは全く違う、クッキーらしい生地ができ、焼いたら、サクッとしたクッキーができましたーー!やったー!

 

f:id:yukimomo228:20170210101024j:plain

見た目が微妙で、お恥ずかしいのですが、味はちゃんとクッキーです。

個人的には、バターの香りが恋しい感じですが、子供は、おいしいと食べてくれました。乳製品のアレルギーは無いから、バターは使えるんだけけど、小麦粉を使わないレシピって、乳製品も使っていないものばかりなので、仕方ないですね。勝手にアレンジしても、失敗するというのが、ハチミツで経験済みなので、おとなしくレシピ通りに作ります。(でも、コツをつかめるくらい作ったら、アレンジもしてみたいと、こりずにちょっとだけ、思っています。。)

材料をちゃんと揃えるのは、まぁ当然なんですが、サラダ油などを計量するときに、計量スプーンからしっかりと指でこそげ取るのも、面倒くさがらずにしようと思いました。計って、器にざっと入れても、スプーンに結構、膜として残ってるから。

そして、バター、卵を使わないレシピは、洗い物がすごく楽ちんですね~。べたべたせずに、ササッと洗える。ゴムベラで混ぜるだけだから、泡だて器の間にねっとりした生地がついて、洗うの大変!なんてこともありません。今回のレシピは、材料もたったの5つ。米粉クッキーのハードルが、私の中でぐっと下がりました。まぁ、アーモンドパウダーとメープルシロップの値段に躊躇はしますが。

メープルシロップ買っちゃったので(笑)、米粉ときな粉のクッキーに再挑戦して、ほかのレシピも作ってみたいです。

小麦アレルギーでもパスタが食べられる。

買ったもの

パスタは、小麦でできているから、食べられないと、思っていました。

しかし、輸入食品を扱っているお店で、グルテンフリーのパスタを発見。

500円という、「うーーん。ちょっと高い。。」って感じのお値段でしたが、購入しました。子供のために、となると、自分のためだったら、買わない値段でも出してしまいます。

今まで、ミートソースは普通にスーパーで買っているので、米粉めんや、ごはんにかけて、食べていたのですが、パスタは見かけなかったので、うれしい。

写真、食べかけですが。

f:id:yukimomo228:20170207054039j:plain

 

 

f:id:yukimomo228:20170207054141j:plain

トウモロコシ粉と、米粉でできています。味見してみましたが、歯ごたえとか、普通のパスタと同じ感じ。

すごーい!と感動しながら、子供にあげました。

半分くらいしか、食べませんでした(笑)

子供ですからね。。気分で食べないとか、よくあります。しょんぼり。また間を開けて、あげてみようと思います。

アマゾンでも、普通に売ってました。ははは。

www.amazon.co.jp

しかし、ミートソースは、食べさせると服やテーブルや顔の汚れ方が凄い…。和風で、きのこ醤油パスタとかだと、被害が少ないかもしれないですね。今度はそっちで試してみよう。食後の着替えと掃除を思うと、あまりやる気が起きなかったので。

パスタが気に入って、もっと!もっと!となると、食費があれですが。まぁ、子供だからしょうがないか~。アレルギーがあるから、食べられるものが少なすぎて、外食しないし、その分、食費が上がってもいいかなと、思います。あとは私の料理の腕が課題ですね。。。